肌荒れは便秘が原因?なぜ便秘が肌荒れを起こすのか、その関係性とは?

便秘になるとむくみを起こすことやお腹がずっと張っている不快感だけでなく、肌が荒れてしまうことにもなりますが、どうして便秘が肌荒れを起こす原因となるのか。

便秘解消グッズランキング
HOME » 女性の便秘解消 » 便秘で肌荒れに?!

便秘で肌荒れに?!

便秘は身体に様々な悪い影響や症状を起こしますが、中でも肌が荒れるのは女性にとって悩みの種です。なぜ便秘が肌荒れを起こすのでしょうか?

肌荒れ

原因その1:自律神経機能の低下

身体本来の働きが滞っていることで便秘になりますが、これは自律神経が乱れているという状態を示します。
自律神経機能が低下すると新陳代謝が異常をきたし、皮膚組織の血行動態が悪化することで便秘や肌荒れが起こります。

また、これによって肌のターンオーバーが正常に行われなくなるのも肌荒れの原因となります。

原因その2:善玉菌が減る

腸内に便が長く溜まると、腸内環境を整える役割をする善玉菌が減少します。

乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が減ることで、皮膚細胞の再生や活性化の他にビオチンというビタミンB7の生成が低下します。

このビオチンは皮膚細胞の新陳代謝に重要な働きを持つため、生成が低下することで肌荒れの原因となります。

原因その3:悪玉菌が増える

善玉菌が減ると、今度はガス発生させ有害物質の元となる悪玉菌の増えてしまいます。

ウェルシュ菌やクロストリジウム菌といった悪玉菌が増加すると腸内環境が悪化し、悪玉菌が腐敗発酵を起こし悪臭を持つ有害物質を生成します。
有害物質が増えると、身体はそれを何とかして排出しようと防衛を図るため、この有害物質は腸壁から血液中へ吸収され全身にめぐってしまいます。

全身にめぐった有害物質は皮脂や汗などになり毛穴から体外へ放出しますが、この有害物質の排出に手間取ることで新陳代謝が追い付かなくなります。そうなると汚れを排出しきれなくなり皮膚細胞の機能が低下しますので肌荒れの原因となります。

原因その4:体内酵素が減る

体内では消化酵素と代謝酵素が作られますが腸内細菌によって作られるものがほとんどです。

便秘によって腸内環境が悪化することにより酵素の働きも悪くなり新陳代謝や生理機能が低下することで肌荒れの原因となります。

原因その5:ストレスが溜まる

便秘になることによって悩むことやストレスを抱えることが肌荒れの原因に繋がっていることがあります。
便が出ないことでストレスが溜まり続ければ便秘がさらに酷くなるといった悪循環に陥ります。

便秘による肌荒れを防ぐには、便秘が悪化するまえに改善すること

腸は全身の水分調節をつかさどる働きをしている臓器ですから、その働きが鈍ることで本当なら排出するべきだったものがずっと体内に残ることは身体に悪い影響を与えてしまうことになります。

便秘の起こす肌への影響は肌荒れ以外にもくすみやニキビなどを発症させる原因にもなり、外に出すべきものを体内に溜め込んだ状態であるため、他にも身体に与える様々な影響はどれも良くないものばかりです。

便秘を改善するためにもできるだけ食物繊維や水分を多く摂るようにし、生活習慣を規則正しく改善するようにして便秘改善しましょう。

2019年08月21日時点

みんなの口コミによる
サプリ比較ランキング

平均4.21pt
編集部コメント

オリゴ糖で毎日スッキリ!天然なので安心安全!口コミで評判の北の大地の健康食品です...

1位
平均4.19pt
平均4.09pt
平均3.96pt

原因はさまざま、まずは便秘解消方法を、詳しく知りましょう。

女性の便秘解消

女性は男性に比べて非常に多く、2人に1人が便秘とも言われています。

男性の便秘解消

男性の場合、ストレスや体の疲れが原因という場合が多いかもしれません。

赤ちゃんの便秘解消

赤ちゃんの様子や出てきた便を毎回チェックしてみてください。

ページの上部へ
Copyright © www.ululu-movie.jp 2019-08-21 All rights reserved.