便意はあるのにどうして便が出ないの?その理由と解消法とは?

便意を感じないわけではなく、あるのに便が出ない状態の便秘はどうすれば出るのか悩んでしまいます。どうしてこのような便秘になるのしょうか。

便秘解消グッズランキング
HOME » 女性の便秘解消 » 便意があるのに出ない

便意があるのに出ない

便意があるのに便そのものが出てこない状態、どうして出ないのかと悩んでしまいますがその理由や改善するためにはどうすればよいかをご紹介した記事です。

便意があるのに出ない原因は何?

便意があるのになぜか排便されないという便秘は、出たとしても量が少ないのですっきりしないことや不快感が残ります。

どうしてこのようなことが起こるかというと、原因として考えられる一つは腸の動きが鈍くなることで排便しにくい状態となる弛緩性便秘であることと、もう一つは便意を我慢したことで起きた直腸性便秘であることが考えられます。

直腸性便秘でも強い便意があるのに出ない場合は骨盤底筋協調運動障害であることが多く、その原因として直腸瘤があげられます。

直腸瘤や大腸癌の危険性も疑う必要が?

腸内にこぶが出来ると、出来始めは便意があれば排便に問題はありませんが、大きくなってくるにつれて膣に向かって圧迫してきます。

そして肥大化してしまうと便の流れを止めてしまい、便意は感じるのに出ないということが起きます。

体内にこぶや癌などができると、身体は異物としてとらえるため体外に排出しようと激しい便意を起こしますが、何も出ないということになります。

40代以上の女性に多く見られるケースで、大腸癌などを患っている場合は命にかかわりますから一度病院で診察を受けたほうが良いでしょう

病気ではないけど便意があるのに便が出ないことも

原因として考えられるのは、ぜん動運動の力が衰えることによって便が出ない場合と、便そのものが固いことで便が出ない場合があります。

加齢とともに腸のぜん動力は弱まりますから、腸内に便が残ることで便意はあるものの排出する力がないので便として出ないということです。

直腸に溜まった便をそのまま放置しておくと腐乱することによって最悪癌になることもありますから改善するようにしましょう。

便が固くて出ない場合は、特に若い世代の便秘で多く、不規則な生活や食物繊維が不足していることから便意があるのに便自体が水分を持っておらず固くて出ないということがあります。
また、便が固くなりすぎることでセンナ系の便秘薬を使って便に水嵩を増やすことをしないと出なくなっている場合もあります。

便秘を解消するためには

便意があるのに出ない状態が続くと不快感だけでなく便が排出されないまま体内に残るので当然身体にもよくありません。

水分と食物繊維を積極的に摂るようにして便秘予防や解消をすることが大切です。
直腸に溜まった便は水分や食物繊維によって柔らかくして排泄を促すようにしましょう。

そのために水分をしっかり摂る必要がありますが、一日に摂取する水分の目安は約2リットルが理想です。

便意を感じたら我慢をしないでトイレに行くようにすることがとても大切です。

我慢をしているとせっかく便意があっても出にくい体質になってしまい、便意そのものを感じにくくなりますから注意しましょう。

2019年06月18日時点

みんなの口コミによる
サプリ比較ランキング

平均4.21pt
編集部コメント

オリゴ糖で毎日スッキリ!天然なので安心安全!口コミで評判の北の大地の健康食品です...

1位
平均4.19pt
平均4.09pt
平均3.96pt

原因はさまざま、まずは便秘解消方法を、詳しく知りましょう。

女性の便秘解消

女性は男性に比べて非常に多く、2人に1人が便秘とも言われています。

男性の便秘解消

男性の場合、ストレスや体の疲れが原因という場合が多いかもしれません。

赤ちゃんの便秘解消

赤ちゃんの様子や出てきた便を毎回チェックしてみてください。

ページの上部へ
Copyright © www.ululu-movie.jp 2019-06-18 All rights reserved.