便秘解消薬は便秘の症状を一時的に和らげるためのもの

乱用すると副作用を起こしてしまうので、くれぐれも注意を

便秘解消グッズランキング
HOME » 便秘解消QA » 便秘解消薬の注意点

便秘解消薬の注意点

便秘解消薬とは基本的に下剤のこと。症状を一時的に和らげることはできますが、乱用すると副作用を起こしてしまいます。また、けいれん性の便秘には逆効果になってしまうこともあります。

便秘解消薬とは?

便秘の症状を一時的に和らげるためのものとしては、便秘解消薬も効果はあります。
ですが、便秘解消薬とはいっても、基本的には下剤です。

乱用は絶対に避けてください。

下剤はその強さによって大きく、緩下剤と峻下剤の2つに分けられ、緩下剤はさらに細かく分類することができます。
便秘の種類によって使うべき薬も異なってきますので、医師や薬剤師に相談してからの使用をおすすめします。

便秘解消薬の種類

峻下剤

作用が非常に強く、効果も早く現れます(2~6時間)。
が、副作用として下痢や腹痛を起こしやすく、使用にはくれぐれも注意が必要です。

緩下剤

峻下剤に比べると、作用は少し弱めです。
さらに細かく、下の4つに分類することができます。

刺激性下剤

腸を刺激してぜん動運動を活性化させることで排便を促します。
腸の働きが衰えていることを原因として起こる弛緩性便秘に対して効果があります。
けれども、男性に多いけいれん性便秘に対しての効果はありません。

日本人に多いのは弛緩性の便秘であるため、店頭で市販されている下剤はほとんどがこのタイプ。
一般的に知られているのは「コーラック」、「センナ」、「大黄」…などです。

腸を無理に働かせて疲弊させてしまいますので、常用は避けてください。

潤滑性下剤

腸内の便が水分を吸収されるのを防いで、便を柔らかくしてくれます。

副作用の心配はほとんどありません。
が、作用はかなり弱いので、刺激性下剤と併用されることが多いです。

塩化下剤

硫酸マグネシウム、酸化マグネシウム、クエン酸マグネシウムなどの浸透圧を利用し、腸の表面から水分を引き寄せて腸内の水分を増やします。

それによって便を柔らかくして、排便を促します。

膨張性下剤

多量の水といっしょに服用することによって、腸内の便にその水分を吸収させ、その量を増やします。
それによって、腸のぜん動運動も活性化されます。

2018年07月18日時点

みんなの口コミによる
サプリ比較ランキング

平均4.21pt
編集部コメント

オリゴ糖で毎日スッキリ!天然なので安心安全!口コミで評判の北の大地の健康食品です...

1位
平均4.19pt
平均4.09pt
平均3.96pt

原因はさまざま、まずは便秘解消方法を、詳しく知りましょう。

女性の便秘解消

女性は男性に比べて非常に多く、2人に1人が便秘とも言われています。

男性の便秘解消

男性の場合、ストレスや体の疲れが原因という場合が多いかもしれません。

赤ちゃんの便秘解消

赤ちゃんの様子や出てきた便を毎回チェックしてみてください。

ページの上部へ
Copyright © www.ululu-movie.jp 2018-07-18 All rights reserved.