便秘になると体重が増え太ってしまう?その理由とは?

便秘になると体重が増えて太ってしまうと一般的に言われています。

便秘解消グッズランキング
HOME » 便秘の基礎知識 » 便秘と体重の変化

便秘と体重の変化

便秘になってしまうことで体重が増え太るということを一般的に言われる原因としてどういったことが考えられるかを紹介した記事です。

便秘と体重の変化の関係とは?

便秘になると太ってしまうとよく言いますがそれに根拠はありません。

そういった話が出るのは、本来毎日排泄されるはずの便が便秘になることで体内に何日も溜まったことで体重が増えることが原因です。 口から体内へ入れた食べ物が消化されて便として排出されるまでの過程としては、胃などで消化吸収が行われ、代謝によって出た老廃物が汗、尿、便として体外へ排出されます。

一般的に1回の排便での便の重さは約100gから200gとされており、単純計算すると便秘によって1日1回分の便の約150gが溜まったとして、1週間たてば約1kg体内に便が溜まることになり、その分体重も増えます。

排出されなかった便は実際には水分だけ腸に再吸収が行われますが、それでも体重が増える原因にはなります。 ですから便秘になった時期に体重が増え太ったと感じる人は、便秘になったから太ったのではなく、太ってしまう生活習慣を続けるうちに便秘になってしまっていると考えるほうが正しいでしょう。

便秘になる原因としてあげられる運動不足や食生活が乱れている生活習慣を続けていれば便秘だけでなく、太りやすい身体になりますので便秘気味だと感じる場合は生活習慣全体を見直す必要があります。

便秘は基礎代謝の低下を招く

一概に便秘で体重が増加するのは体内に溜まった便の重さによるものとは言い切れません。 便秘になることで便を腸内に溜め込んでしまい、毒素や老廃物が腸内に留まっていることとなります。

腸内に溜まったままの毒素や老廃物は再度、血液に取り込まれてしまうため、新陳代謝が悪くなり脂肪を蓄積しやすくなるのです。 同時に脂肪燃焼の効率も悪くなるため、便が溜まることで便そのものの重さによって体重が増えるだけではなく、脂肪が蓄積されやすい身体になってしまいます。 このように便秘が進むにつれ、ますます体重が増えやすい体になってしまうと言えます。

ですから便秘と体重が増えることの関係性は深く、便秘を解消していくことで体重が減り、太りにくい身体を作っていくことが可能になります。

ダイエットが原因で便秘になってしまう

ダイエットしているけど便秘が邪魔をしているということで食べた物を早く排出し排便の回数を増やしたいということで下剤を多用する人がいますが、本来便は身体に不要なカスなのでそういった下剤で無理に出さなくても自然に体外に排出されるものです。

下剤を飲まなければ排出できないほどの便秘が起こるのは、ダイエットをすることによって不摂生を起こしているからです。 無理に食事の量や回数を減らし過ぎて、食物繊維をしっかり摂れていないことでリズムが乱れ便秘を起こしているのです。

ダイエットによる便秘を防ぐために、食事を抜いたりせず摂取するカロリー自体を減らすようにしましょう。 食物繊維を豊富に摂れる低カロリー食品として海藻やきのこ類、野菜などを食べるようにして日々の運動を行えば便秘を予防し解消に繋がりダイエットにも効果が期待できます。

2017年11月24日時点

みんなの口コミによる
サプリ比較ランキング

平均4.21pt
編集部コメント

オリゴ糖で毎日スッキリ!天然なので安心安全!口コミで評判の北の大地の健康食品です...

1位
平均4.19pt
平均4.09pt
平均3.96pt

原因はさまざま、まずは便秘解消方法を、詳しく知りましょう。

女性の便秘解消

女性は男性に比べて非常に多く、2人に1人が便秘とも言われています。

男性の便秘解消

男性の場合、ストレスや体の疲れが原因という場合が多いかもしれません。

赤ちゃんの便秘解消

赤ちゃんの様子や出てきた便を毎回チェックしてみてください。

ページの上部へ
Copyright © www.ululu-movie.jp 2017-11-24 All rights reserved.