小学生の便秘が増えているその原因とは何?

最近多く見られる小学生の便秘ですが、その原因としてどういったことが考えられるのか、また解消するにはどうすればよいかをご紹介します。

便秘解消グッズランキング
HOME » 便秘の基礎知識 » 小学生の便秘が増えている!

小学生の便秘が増えている!

最近多く見られる小学生の便秘の原因としてどういったことが考えられるのか、またそれを解消するためにはどうすればよいかをご紹介した記事です。

小学生

小学生の便秘の原因とは?

最近では小学生でも多く便秘がちなことがありますが、過敏性腸症候群であることで起こるケースが見られます。

過敏性腸症候群は、主として分泌機能の異常や大腸運動の異常で起こる病気で、検査を行ったところで潰瘍や炎症などの目に見える異常が認められません。しかし、便秘や下痢、ガスが溜まるといったことで下腹部に膨満感を感じる症状が起こります。

前までは大腸の機能の異常により引き起こる病気ということだったので、過敏性大腸症候群という名称が付いていましたが、最近では大腸だけではなく小腸にも関係するといったことから過敏性腸症候群と呼ばれるようになっています。

過敏性腸症候群は、ストレスなどの精神的なことが原因とされ、症状が様々で過敏性腸症候群が原因かどうかの特定が難しいという特徴があります。
また、症状としてあらわれるのは便秘だけでなく下痢の場合もあります。

過敏性腸症候群の症状として以下のようなタイプがあります。

  • 便秘と下痢を繰り返すタイプ
  • 下痢が長期に続くタイプ
  • 便ではなく大量の粘液が排泄されるタイプ
  • 腹部にガスが溜まるタイプ

特に小学生にとって日中は集団生活が必須ですから、学校生活の中などで周囲の理解が必要不可欠です。

症状の改善は、周囲の人が温かく接することで精神的に安定し、改善の可能性が高くなります。

アンケート調査でも、小学生が実際大きなストレスとともにという結果が出ており、調査で行われた内容には毎日の食事についても調査され、食事はしっかりと毎日食べている子がほとんどという結果が出たので便秘の原因として食生活よりも学校や家庭でのストレスが大きいと考えられます。

小学生600人のうち、70人が3日以上便出てないということで、その内5人はなんと5日以上便が出ていないということです。

小学生の多くが便秘で悩んでいるという驚きの結果が出たのです。

この研究結果について、なぜ小学生の便秘が起こるかということを追及したところ、学校でゆっくりトイレに入りきづらいということがあります。家庭のトイレは洋式なのに対して、学校のトイレは和式のこともあり、トイレの形状が違うということでトイレを使いずらいということも考えられます。

あとは子供にありがちな、からかわれるという不安などでゆっくり入れないということもあるようです。

そういったからかいを無くすためには家庭や学校で、排便することに対しての教育をしっかり行うことが子供に余計な精神的負担を掛けさせない方法と言えます。

子供が成長するために、ごはんをたくさん食べて、たくさん出すという当たり前のことを教えておくことで学校のトイレを使いたがらない子供も減り、便秘の解消の一歩になります。

2019年03月24日時点

みんなの口コミによる
サプリ比較ランキング

平均4.21pt
編集部コメント

オリゴ糖で毎日スッキリ!天然なので安心安全!口コミで評判の北の大地の健康食品です...

1位
平均4.19pt
平均4.09pt
平均3.96pt

原因はさまざま、まずは便秘解消方法を、詳しく知りましょう。

女性の便秘解消

女性は男性に比べて非常に多く、2人に1人が便秘とも言われています。

男性の便秘解消

男性の場合、ストレスや体の疲れが原因という場合が多いかもしれません。

赤ちゃんの便秘解消

赤ちゃんの様子や出てきた便を毎回チェックしてみてください。

ページの上部へ
Copyright © www.ululu-movie.jp 2019-03-24 All rights reserved.