便秘になると臭いの強いおならばかり出るその理由とは?

便秘になると便ではなくて、臭いの強いおならばかりが出るといった経験はありませんか?どうしてそのようなことが起こるのかをご紹介します。

便秘解消グッズランキング
HOME » 便秘の基礎知識 » 便秘とおならについて

便秘とおならについて

便秘は実は裏で重大な病気が隠れていることのサインである場合があり、腸の危険信号をあらわしていることもあるのでどういったことに注意すればいいかご紹介した記事です。

便秘とおならの関係とは

便秘になることで便が出ず、おならばかりが出てしまうという症状の原因として、便とおならとの性質が違うことにあります。 便秘が解消されないと、おならばかりが出る症状の改善はされませんが、その便秘解消を行おうとしてさらにおならが出てしまうということもあります。

おならが出てしまうのはどうして?

おならの原因となるものの大半は食事や会話の時に口から飲み込んだ空気ですが、通常であれば飲み込んだ空気は、ゲップや呼気で排出されます。 しかし排出されなかった空気が大腸に達すると、おならになるのです。

また、においの強いおならの元となる食べ物の原因はほとんどが肉で、腸内で食べ物が発酵、腐敗することによって出るおならの臭いの原因となります。

便秘の時におならの臭いが強くなるのはなぜ?

空気を飲み込んだだけなのにおならとなって臭いがあるのは腸内環境が原因です。 ガスを発生しやすいとされるイモ類など炭水化物を多く含む食品などは、臭いの強いおならの原因と思われがちですが実際はこれらの食品から発生するガスにほとんど臭いはありません。

おならは便とは違い気体なので腸の上部分に集まる性質があり、集まると塊となって便の隙間を移動しながら便より先に出ようとします。 それに加えて便秘によって便が溜まっている腸内環境は悪玉菌が優勢となってしまっている場合が多いので、悪玉菌がたんぱく質を分解する時に悪臭を発生させてしまうのです。

ですから便秘になることで、おならばかりが出て臭いも強い場合が多くなります。 腸内の悪玉菌が増えると便の腐敗を進行させるので、過労やストレス、抗生物質を服用することにより善玉菌が減っている場合にも便が強く臭います。 ですから臭いの原因となるアンモニアなどの有害物質を発生させる悪玉菌が増えれば、便秘だけでなく滞留した便の分解が起こりにくくなり臭いが強くなるのでできるだけ悪玉菌を増やさないようにする必要があります。

善玉菌は有害なガスの発生を行わないので、腸内環境が整っており善玉菌が優勢の環境になることで、便もおならも臭いが気にならなくなります。

まずは腸内環境を整えることが大切

便秘改善のために消化をしやすい食物繊維を多く摂ろうとすることで、更におならを生み出すことになることがあります。
なぜかというと、食物繊維は腸を刺激するので腸内の運動を活性化させる働きに役立ちますが、分解される際には二酸化炭素を多く発生させます。その発生した二酸化炭素がおならとなって出てきてしまうのです。

腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスは、摂り入れた食べ物によって変化するので、おならの臭いを軽減するためにはまず腸内環境を良くするようにしましょう。

腸内環境が悪くなっていることを表す臭いの強いおならは、食生活の乱れなど日常の食事が大きく関わっています。 そのまま放置すれば色々な病気を引き起こす原因にもなりかねませんので発酵食品や食物繊維を上手く使い腸内の善玉菌を増やすことで改善させましょう。

2017年12月12日時点

みんなの口コミによる
サプリ比較ランキング

平均4.21pt
編集部コメント

オリゴ糖で毎日スッキリ!天然なので安心安全!口コミで評判の北の大地の健康食品です...

1位
平均4.19pt
平均4.09pt
平均3.96pt

原因はさまざま、まずは便秘解消方法を、詳しく知りましょう。

女性の便秘解消

女性は男性に比べて非常に多く、2人に1人が便秘とも言われています。

男性の便秘解消

男性の場合、ストレスや体の疲れが原因という場合が多いかもしれません。

赤ちゃんの便秘解消

赤ちゃんの様子や出てきた便を毎回チェックしてみてください。

ページの上部へ
Copyright © www.ululu-movie.jp 2017-12-12 All rights reserved.