便秘と水分が大きく関係するその理由とは?

水分は汗や尿としても排出されるので、水分補給を意識して行わないと便秘がひどくなってしまいます。ここでは便秘と水分の関係をご紹介します。

便秘解消グッズランキング
HOME » 便秘の基礎知識 » 便秘と水分について

便秘と水分について

水分補給を意識して行わないと、水分は汗や尿としても排出されるため便秘がひどくなる結果になりますが、そういった便秘と水分の関係をご紹介した記事です。

水を飲む

便秘解消に大きく役立つ水分の重要性

理想とされる大人の便は、70%から85%の水分を含んだものとされていますので、これを下回る場合は便が硬く排便困難に陥るとされています。

しかし、便は例外なく大腸を通過して排出されますので、この時に大腸で水分を吸収され、元々の水分が少ないことと重なって必然的に水分量が少ない便が出来てしまい、その結果便秘になってしまいます。
水分は汗や尿としても排出されるので、意識して水分補給を行わないと慢性的な水分不足になり便秘がどんどんひどくなってしまいます。

便秘解消には水分補給をしっかり行う

便秘は不快なだけでなく、様々な体調不良や病気を引き起こすために改善する必要がありますが、そのためには生活習慣を改善することが大切です。

重要なのは食事、運動、そして水分をしっかり摂るということ

水を飲んで水分補給を行うことで、便秘が解消されるためには必要水分量を目安に摂取する必要があります。

1日の必要水分量は、成人だと体重1kgあたり40mlです。ですから、体重50kgだと2000ml必要になり、2リットル(食べ物に含まれる水分も含まれる)を摂取する必要があることになります。
ですから、水、麦茶、湯、牛乳、スポーツドリンク、ジュースなどで意識的に水分を摂取するようにしましょう。

利尿作用がある成分を含むコーヒーや緑茶、紅茶はせっかく飲んだものの水分がほとんど尿で出てしまうので便秘にはよくありません。

その上便が硬くなり、ウサギの便のように小さくコロコロとした硬い便が出るようになってしまいますので注意しましょう。

また、心臓病や腎臓病、高血圧のある人には負担になることもありますのでこのような持病を持つ場合はかかりつけの専門医に相談するようにしましょう。

朝起きたらまずコップ1杯の水を飲もう

水分をしっかり摂ることで、大腸に詰まってしまった便が水分を含むことで固さが変わることで便が移動しやすくなり、さらに便の容積が増すことで腸に刺激を与え、便意を起こすことができます。
しかし水分が不足すれば、腸の中で、食物から摂った水分を吸収してしまうことになり、便が硬くなり固くなることで通りが悪くなります。

ですから水分を意識して摂るようにすることは、便秘解消には欠かせないことです。

まずは朝起きたらコップ1杯の水を飲むようにしましょう。

起き抜けの状態は腸に届き安いため、胃腸を刺激することで便通を促します。

水分の摂取を常に意識するあまり、就寝前にも水分を摂ってしまいがちですが、これは控えるようにしたほうが良いでしょう。
睡眠中は身体の機能が低下するので、水分を摂ってもしっかり補給されない可能性もあります。

2019年06月18日時点

みんなの口コミによる
サプリ比較ランキング

平均4.21pt
編集部コメント

オリゴ糖で毎日スッキリ!天然なので安心安全!口コミで評判の北の大地の健康食品です...

1位
平均4.19pt
平均4.09pt
平均3.96pt

原因はさまざま、まずは便秘解消方法を、詳しく知りましょう。

女性の便秘解消

女性は男性に比べて非常に多く、2人に1人が便秘とも言われています。

男性の便秘解消

男性の場合、ストレスや体の疲れが原因という場合が多いかもしれません。

赤ちゃんの便秘解消

赤ちゃんの様子や出てきた便を毎回チェックしてみてください。

ページの上部へ
Copyright © www.ululu-movie.jp 2019-06-18 All rights reserved.