便秘によって知ることができる腸に起こっている危険信号とは?

ただの便秘だと思って軽く見ている、実は裏で重大な病気が隠れていることがあります。腸に起こっている危険信号を知らせるサインかもしれませんのでどういったことに注意すればいいかご紹介します。

便秘解消グッズランキング
HOME » 便秘の基礎知識 » 便秘による腸の危険信号

便秘による腸の危険信号

便秘は実は裏で重大な病気が隠れていることのサインである場合があり、腸の危険信号をあらわしていることもあるのでどういったことに注意すればいいかご紹介した記事です。

ただの便秘と思って甘くみないで!こんな便秘には注意!

一言で便秘といってもそのタイプには色々ありますが、注意が必要なタイプの便秘もあります。 便の状態によっては大腸がんなどが原因で起こる便秘の可能性もありますので注意が必要です。 注意が必要なのは血便や便秘と下痢を繰り返してしまうタイプの便秘です。

大腸がんができやすい部位としてS状結腸と直腸があげられますが、これは肛門に近い位置にあるため、比較的早いうちに血便などが起こる症状で表れます。 血便以外にも肛門から下血したり、便そのものの通りが悪くなることで便秘になったり、逆にそれを押し出そうとして下痢を起こしたりします。 便秘と下痢を繰り返す便通異常は大腸がんのサインとなることもあるので繰り返して起こる場合は注意しましょう。

大腸がんができると、大腸の内腔が狭くなり、便が細くなったり、排便後の残便感を感じる場合などもあります。 このような症状に合わせて繰り返し腹痛が起こったり、体重が減少しているといった症状があれば病院へ行って医師の診察を受けるようにしましょう。

便秘が起こることで大腸がんの原因になる?

大腸がんが原因で便秘になる一方、便秘になることで大腸がんを引き起こしてしまう可能性もあると言われています。

便秘の原因の一つとして食生活の乱れがあげられますが、肉食を好むため食物繊維の不足の傾向などが挙げられますが、肉食を好む欧米などの国では、大腸がんの発生率が高いのです。 肉は消化が遅く、腸に長く留まるため腸にかける負担も大きいので、食物が腸内に長く留まれば、その水分が腸に吸収され便が硬くなり便秘になりやすくなります。

便の中に含まれる本来排出されるはずの有害物質や発がん性物質なども便秘になることで腸内に長く留まることになります。 そのことが刺激となって腸の細胞を傷つけるとポリープが出来てしまい最悪の場合大腸がんになってしまうということです。

ですから便秘が慢性化している場合など、かなりの負担を既に腸にかけていることになりますから早期の便秘解消が望ましいでしょう。

便秘解消で大腸がん予防を

大腸がん予防のためにも便秘解消は重要ですが、慢性化してしまっている場合は病院で医師の診察を受けることが良いでしょう。 自分で無理に便秘を解消しようと市販されている下剤などを乱用してしまえば、腸の粘膜に強い刺激を与えることがあるので良くありません。

万が一、既に何らかの病気などが隠れている時などに危険なので慢性化しているときは医師の指導を煽るほうが良いでしょう。 たかが便秘だからと思って軽く見ていると隠れている重大な病気を見逃すこともありますから、日頃から便秘にならないように腸を正常な働きに導くことが大切です。

2019年06月18日時点

みんなの口コミによる
サプリ比較ランキング

平均4.21pt
編集部コメント

オリゴ糖で毎日スッキリ!天然なので安心安全!口コミで評判の北の大地の健康食品です...

1位
平均4.19pt
平均4.09pt
平均3.96pt

原因はさまざま、まずは便秘解消方法を、詳しく知りましょう。

女性の便秘解消

女性は男性に比べて非常に多く、2人に1人が便秘とも言われています。

男性の便秘解消

男性の場合、ストレスや体の疲れが原因という場合が多いかもしれません。

赤ちゃんの便秘解消

赤ちゃんの様子や出てきた便を毎回チェックしてみてください。

ページの上部へ
Copyright © www.ululu-movie.jp 2019-06-18 All rights reserved.