便秘と下痢は全く別物ではない?その関係とは?

便通の異常としてあげられる便秘と下痢ですが、この二つは別の物でも正反対のものでもないとされるその理由などをご紹介します。

便秘解消グッズランキング
HOME » 便秘の基礎知識 » 便秘と下痢

便秘と下痢

便通異常としてあげられる便秘と下痢ですが、この二つはけして別の物ではなく、また正反対のものでもないとされるその理由などをご紹介した記事です。

下痢

便通異常の種類

便通の異常として便秘と下痢がありますが、便秘もしくは下痢が続いている、便秘と下痢を繰り返して起こす、腹痛を伴うといった様々な症状があります。
一時的なものであればそれほど気にする必要はないかもしれませんが、長く続いたりずっと繰り返し起こすといった場合は注意しましょう。

大腸の病気が隠れている場合がある

便通異常には、大腸に異常があるかないかで分けられ、種類として器質性と機能性の2つがあります。
器質性は、大腸炎や大腸がんといった大腸に異常があきらかにある場合をいい、機能性は大腸には特に変化はないものの、食生活や排便習慣に問題があり大腸の動きも悪くなり便通に異常をきたすものを言います。

このうち器質性の場合は、病状が重いケースの場合があり、早期に治療を始める必要があります。
ですから、いつもは下痢をしているのに急に便秘になったという場合や、逆にいつもは便秘なのに下痢が続いているといった場合など、便通が明らかにいつもと違うという場合は注意しましょう。

便秘と下痢は正反対のものではない

便秘と下痢は、正反対に思われがちですがけして別物ではありません。

それは起こる原因としてどちらも腸の調子が異常を起こしているから起こるものだからです。

下痢は小腸から大腸に送られた半粥状の便がそのまま排泄されますし、そのまま留まることで便秘になります。

便秘の中には、過敏性腸症候群などが原因になり、便秘と下痢を繰り返してしまうものがあるので、今は下痢だから便秘ではないとは言い切れないのです。ですから、下痢になりやすい体質だからといって、便秘にならないとは言い切れません。

便秘と下痢は腸が正常に働いていないために起こるので、風邪や食中毒のようにピンポイントで原因が明らかにならない便秘や下痢は腸内環境を整えることで腸の働きを活発化かせる必要があります。

便秘になりやすい人と下痢になりやすい人のタイプとは?

一般的にですが、男性のほうが下痢しやすくて、女性のほうが便秘しやすいと言われています。
男性が下痢しやすく便秘しにくいとされるのは筋力があるからで、女性ホルモンによる作用がないことが言えます。
代わりに、アルコールなど冷たい飲み物を多く摂取することが多く、消化不良を起こしやすいとされる脂分の多い食べ物などを好む傾向があり、そのため下痢になりやすいのです。

また、労働時間も女性より長く、その分ストレスを感じやすいこともあげられます。

そして一方、女性は男性よりも食が細く、筋力も少ないですし女性ホルモンの作用があるので下痢より便秘がちということが言えます。
以下、便秘になりやすい人と下痢になりやすい人のタイプを項目分けしていますので、どちらに当てはまる数が多いかチェックしましょう。

便秘になりやすいタイプ

  • 食事回数や量が少ない(食物繊維の摂取が少ない)
  • 運動不足
  • 生活が不規則
  • 行きたい時にトイレに行けない(便意を我慢する傾向にある)
  • 冷え性

下痢になりやすいタイプ

  • 冷たい飲み物を多く摂る
  • 脂分の多い食事が多い
  • 刺激物を好む(コーヒーなどを良く飲む)
  • 食が太く早食い気味である
  • ストレス解消法が見つからない

2017年11月24日時点

みんなの口コミによる
サプリ比較ランキング

平均4.21pt
編集部コメント

オリゴ糖で毎日スッキリ!天然なので安心安全!口コミで評判の北の大地の健康食品です...

1位
平均4.19pt
平均4.09pt
平均3.96pt

原因はさまざま、まずは便秘解消方法を、詳しく知りましょう。

女性の便秘解消

女性は男性に比べて非常に多く、2人に1人が便秘とも言われています。

男性の便秘解消

男性の場合、ストレスや体の疲れが原因という場合が多いかもしれません。

赤ちゃんの便秘解消

赤ちゃんの様子や出てきた便を毎回チェックしてみてください。

ページの上部へ
Copyright © www.ululu-movie.jp 2017-11-24 All rights reserved.